防犯カメラを駐車場に設置しよう!値段によって画素数に違いがある

security.net

駐車場で起こる車上荒らしの予防には防犯カメラがおすすめ!

さまざまな場所に増えている防犯カメラ

犯罪の抑止力になるだけでなく、何かトラブルがあった時に証拠となる映像を撮っている防犯カメラは、年々設置数が増えています。なので、実際にどんなところに設置されているのか、設置におすすめな場所を紹介していくので確認してください。

防犯カメラのおすすめ設置場所

no.1

マンション

多くの人の住宅であるマンションはセキュリティを高める必要があります。不審者の侵入を防いだり、敷地内で何か事故があった時の証拠映像にもなります。また、駐輪場での盗難を防止し、もし盗難されても犯人が映像に映るので捕まえられる可能性が高くなります。さまざまなメリットがあるので、防犯カメラの設置を依頼するオーナーが急増しています。

no.2

駐車場

駐車場には数台~数百台の車が止まっています。車上荒らしやその他の事件や事故が起こった時の証拠になります。また一目で広い駐車場全体の様子を確認することが出来るので管理しやすいでしょう。また、契約者同士のトラブルを防止することも可能になります。室内、室外問わずに導入が増えてきています。

no.3

一軒家

外出中の空き巣やいたずらなどの対策することができます。また、自宅に高齢の親が住んでいる方は、遠隔地からでも様子が確認出来るように設置している方が多いです。スマホやPCから映像を確認することが出来るシステムが出来ているので、気軽に映像を確認することが可能になっています。最近ではストーカー対策のために設置する方もいます。

no.4

倉庫

物流倉庫などはたくさんの商品などが保管されいます。また、多くの人が出入りするので防犯カメラがないと盗難などが起きた時に犯人を探すことが不可能になります。また、遠隔地からいろんな拠点の監視をすることが可能となっています。それにより業務を効率化することができます。

no.5

事務所

事務所やオフィスには、会社の大事な情報が詰まっているパソコンや金庫など、取られては困るものがたくさんあります。そういったものが無くなった時に防犯カメラで犯人を見つけることが出来ます。また、社員の怠惰や出退勤も確認することが可能となります。

防犯カメラを駐車場に設置しよう!値段によって画素数に違いがある

防犯カメラ

安く設置するためには

防犯カメラの性能にはとても差があります。なので、値段もピンキリになっています。安く防犯カメラを設置したい場合は、少し性能は下がりますが、安い防犯カメラを設置するといいでしょう。性能が落ちるといっても、50万画素程度はあるので、駐車場に写る人の特徴程度なら確認する事が出来るでしょう。自分の予算にあった防犯カメラを選びましょう。

防犯カメラの画素数について

防犯カメラの画素数は高性能なものだと200万~240万画素ほどあります。これは、1920×1080のフルHDと呼ばれている画質になります。遠くにいる人間の顔や、表情、手元の動きまで確認することができます。フルHDの下のHD画質だと、100万~130万画素となっていて、車のナンバープレートなら確認する事ができます。更に下へ行くと50万画素のカメラがあります。これは、色や特徴などおおまかなものしか確認することができません。

実際に確認した方がいい

まだ一度も防犯カメラを導入したことがない方は、どの程度の映像なのかわからないと思います。なので、実際に映像を見てみて決めるといいでしょう。購入してからこんなに映像が荒かったなんて思っても遅いので、前もって確認しておきましょう。映像は防犯カメラを取り扱っているお店やインターネットサイトなどで確認出来るでしょう。

防犯カメラ導入の流れ

問い合わせ

初めは、利用する業者選びから始まります。自分が使用する防犯カメラや業者は用途にあわせたものを選ぶ必要があります。自宅の玄関部分だけを見張りたいのに、360度カメラを設置すると、導入費用が高くなってしまいます。また、業者も企業向けなどの大規模な設置が得意な業者や自宅など小規模な導入が得意な業者など分かれているので見極める必要があります。

予約・見積もり

利用する業者が決まったら、予約と見積もりを行ないます。ホームページなどに載っている電話番号に電話をかけます。そして、導入する規模や希望する防犯カメラの機器がある場合は、それを伝えます。そうすると防犯カメラの機器と設置作業の料金を計算して費用の見積もりを取ってもらう事ができます。見積もりの料金に納得したら、そのまま作業の予約を行ないます。希望する日時を伝えましょう。

料金の支払い

基本的に防犯カメラを設置する業者は前払いになります。予約をした時に振込先などを教えてくれるでしょう。振込方法は業者によって変わりますが、銀行振込や代金振替、コンビニ決済、カード払いなどで支払うことができるでしょう。支払いをしないと導入作業が始まらないのでなるべく早く支払うよう気をつけましょう。

導入作業

防犯カメラを導入作業は、導入する場所や機器によってやり方が変わります。配線なども決める必要があるので、時間は結構必要になるでしょう。規模にもよりますが、マンションだと3時間程度を目安にするといいでしょう。基本的に作業中は立ち会う必要があります。

作業完了

作業が完了したら業者は引き上げます。その後に何かあったら、すぐ業者に連絡しましょう。サポート対応してくれます。また、位置の変更をなどを依頼したい時も対応してくれるでしょう。

広告募集中